WiMAX比較ネット - 人気プロバイダをランキングで紹介

WX01・W01を徹底比較これから契約するのにおすすめはどっちだ!?

WiMAX2+最新端末WX01とW01を比較する!

WiMAX2+のモバイルルーターでもっとも新しい端末のWX01とW01の2機種を比較しました。

この2機種は利用できるネットワークに違いがあるために、契約時にその点を理解していないと、使いたい場所で使えないなんてことになりかねません。

WiMAX2+はそもそも3つのモードがあります。しかし、WX01とW01の2機種共に3つのモードすべてに対応しているわけではありません。この点は非常に残念です。1世代前のHWD15は全てのモードに対応していて人気ある機種だっただけに、今回の対応は改悪と言えるかもしれません。

WX01とW01は両機種とも下り最大220Mbps対応の端末になっています。ただし、それぞれの通信方式が異なります。通信方式が異なるために実際に下り最大220Mbpsが利用できるエリアには大きく差があり、現状WiMAX2+エリア全域で220MbpsなのがWX01で、2015年10月末をめどに同じ全域で利用できるようになるのが、W01になります。

WX01の通信方式は4☓4MIMOという通信方式になります。これはこれまで2本で送受信しているアンテナを4本に増やすことで下り220Mbpsに対応する通信方式になります。

WX01 4☓4mimo

一方、W01はキャリアグリゲーション(CA)といって複数の回線を束ねて高速通信を可能にする技術です。導入までに時間がかかっているもののより高速通信が期待できる方式となります。

w01 キャリアアグリゲーション

W01に関してはキャリアアグリゲーションに対応する設備工事が遅れており、エリアが非常に狭い状態ですが、2015年10月以降はエリアが拡大されますから、高速化が期待できます。

次に対応している電波について説明します。

W01とWX01の対応電波
項目 WX01 W01
au 4G LTE 未対応 対応
WiMAX2+ 対応 対応
WiMAX 対応 未対応

表を見ていただくと分かりますが、WX01はWiMAX2+とWiMAX回線が利用できます。一方、W01はau 4G LTEとWiMAX2+を利用することができます。

通常エリアでWiMAXは対応しているが、WiMAX2+では対応が追い付いていない地域などもあるために、WiMAXの電波が通じる端末のほうが便利です。

WX01とW01のどちらを契約するか

これは利用エリアによりますが、エリアを確認してWiMAX2+対応エリアならWX01を契約。もし、エリアに不安があるならLTEを利用できるW01の契約をするのがいいでしょう。

そうした理由もあってかプロバイダやUQ WiMAXのオンラインショップでもWX01を選ぶ方が2倍程度多いそうです。

WX01とW01のスペックまとめ

# WX01 W01
本体 wx01 w01
サイズ 約W109 H66 D9mm 約W120 H59 D10mm
重量 約97g 約113g
wifi規格 IEEE802.11ac n a g b IEEE802.11ac n a g b
対応ネットワーク wimax2+
wimax
wimax2+
au4glte
クレードル 対応 対応
バッテリー wimax2+:約8時間36分
wimax:11時間18分
wimax2+:約8時間
lte:約7時間20分
詳細 詳細 詳細

この記事も読まれています

WX01キャンペーン比較

W01キャンペーン比較

WiMAXキャンペーン人気ランキング

biglobe

ビッグローブ

ポイントバックで月額最安が人気の理由。ダントツで売れてます

詳細はこちら

とくとくbb

GMOとくとくBB

高額なキャッシュバックが魅力トータル料金を安くしたいならココ!

詳細はこちら

so-net

So-net

biglobeよりもキャッシュバック額はわずかに高額ながら受け取りまでの期間がネック

詳細はこちら