WiMAX比較ネット - 人気プロバイダをランキングで紹介

hwd15キャンペーン

HWD15キャンペーンは終了しました

HWD15の販売が終了したので、代わりに運用する方法

HWD15はキャンペーンだけでなく、通常の販売も終了しています。これはUQのオンラインショップをみてもすでに販売していないことからも分かります。

では、hwd15のようにノーマルモードを利用したい場合はどうしたらいいのか。代案は2つあります。

プラン1 Uroad-Home2+を利用する

まずひとつめのプランですが、持ち運ばずに自宅で固定して利用する場合。

この場合にはUroadHome2+を契約すれば問題解決です。UroadHome2+は据え置き用の回線ですが、ノーマルモード(WiMAX回線)とハイスピードモード(WiMAX2+回線)対応しています。

自宅でしか利用せず、3日通信制限への対抗策としてHWD15の契約を考えているなら、Uroad−Home2+の契約を検討するといいでしょう。

まったく制限のないノーリミットモード対応ルーターはこちら

プラン2 W01,WX01を契約してHWD15は端末のみ購入する

持ち運んで、外で利用したい場合はこちらの選択肢になります。

WiMAX2+回線が運用されてから、利用されているauのsimカードはすべて共通です。ですから、simカードを差し替えることで、hwd15を利用することができます。

ということで、まずは現在キャンペーンで安く契約できるWX01やW01端末で契約をします。

契約後に実際に制限を体感してみてください。現在だと、3日3GB制限にかかっても5Mbsp〜6Mbps程度の速度は維持されています。これだけ速度が出ていれば、youtubeのHD動画を閲覧しても止まることはありません。

契約後、どうしてもノーマルモード単体で利用する必要があるなら、ヤフオクやアマゾンで中古端末を購入すれば利用できます。

すでにキャンペーンが終了している以上、お得にHWD15端末を手に入れる方法はありません。ならば、WX01やW01を利用してみて、現在の制限が本当に耐えられないものなのかどうかは確認しても損はしません。

そのうえで必要であれば、中古端末を購入すといいでしょう。

W01キャンペーンはこちら

WX02キャンペーンはこちら

HWD14はリリースから日数を稼いでいることもあり、発売当初こそ電波の掴みが悪いことが悪評になっていましたが、度重なるアップデートでその問題点もことごとく解消(本当はそこまで試験してからリリースして欲しい・・・。)してきました。

ですが問題はいまだにWiMAX2+のエリアになっていないWiMAXユーザー。そろそろ更新月になるのに、従来のWiMAXプランは各社キャンペーンを終了し、あまりいいプランがない。NAD11はWiMAXハイパワーには対応しているものの、au 4g lteに対応していない。どうせならLTE対応端末の方がいいだろう。

そこにようやくリリースされたのがHWD15です。au 4G LTE対応で、さらにWiMAXハイパワー対応。さらに自宅使いが格段に便利になるクルードル対応!しました。

nad11と同様にノーマルモードを選択できるので、3日3gb規制がかかったときにはWiMAX回線を利用することができるのも魅力の一つ。ヘビーユーザーなら最新機種は向きません。このhwd15もしくはnad11の契約をオススメします。

HWD15はこれまでリリースされていたHWD14の後継機になります。基本的にこれまでのHWD14の機能は引きつぎつつ、今回の機種で導入されたのが「WiMAXハイパワー」対応と「クルードル対応」です。

WiMAX 比較 TOP

WiMAXキャンペーン人気ランキング

biglobe

ビッグローブ

ポイントバックで月額最安が人気の理由。ダントツで売れてます

詳細はこちら

とくとくbb

GMOとくとくBB

高額なキャッシュバックが魅力トータル料金を安くしたいならココ!

詳細はこちら

so-net

So-net

biglobeよりもキャッシュバック額はわずかに高額ながら受け取りまでの期間がネック

詳細はこちら