WiMAX比較ネット - 人気プロバイダをランキングで紹介

305zt制限の3日1gbは厳しすぎ!契約するならWiMAX2+で決まり

305ZTの3日1gb制限はかなり厳しい。実用性が低いので避けるのが懸命

ワイモバイルの305ZTは無制限がウリで販売されていた端末です。現在の契約プラントは少し異なりますが、いまだに305ztは無制限で利用できるのではないかと誤解されている方も多いようですので、305ztの制限と実用性に関してまとめておきます。

305ztの発売当初は「実質制限無し」というのがウリでした。305ztはワイモバイルのlte,3G回線だけでなく、ソフトバンクの回線のlteも利用することが出来ます。この2社の電波を利用しているためにエリアが広く、速度が速い。さらに月間7GBの制限があるものの、制限解除料金が無料で利用できるキャンペーンを行っていました。ここが人気の秘密です。

7gbの制限がかかると月末まで速度が128Kbpsまで低下します。これはとてもネット利用できる速度ではありません。ですが、305ztはこの制限を申請すれば解除できました。1回の申請で利用できるのは500MBです。通常は料金がかかりますが、キャンペーン中は制限解除料金が無料!いくら解除しても制限がかかることはありませんでした。

しかし、2015年の4月に入ってから、突然3日1GBの制限がかせられるようになりました。305zt発売から約5ヶ月ほどたってからです。それまでは3日制限も行われなかったために、文字通り無制限で利用できていたのに突然の出来事でした。

それも3日1GBを超えた分に関しては確実に速度制限を実施します。3日1GBですと1日わずか300Mb程度の利用しかできません。また1日で1GBを超えるような使い方をすると、その後3日間はまったく使い物になりません。

さらに3日制限はどうしたって解除することができません。

この問題に拍車をかけたのが、店舗販売での説明不足。Webキャンペーンでの契約だと、たしかに注意事項の欄に「ワイモバイル通信サービス」にご契約いただいたすべてのお客様に快適なサービスをご利用いただくため、「帯域制御の運用基準に関するガイドライン」に基づき、ご利用料金プランによる低速化とは別途通信速度の制御を行う場合があります。と書かれており、対象は「前日までの3日間のご利用通信量が、839万パケット(約 1GB)以上」と書かれていました。この説明が店舗では行われていなかったようです。

そのせいもあって解約が続出していました。実際に説明していないケースが多かったため、解約金無料で解約できた人もいたようでこの点に関しては不幸中の幸いといったところでしょうか。

現在の契約はさらに内容が変わっている

さて昔話はこれぐらいにしましょう。では現在の305ZTはどうかというと、さらに契約内容が変わりました。

以前はソフトバンクのLTE回線の含んで月間制限を課さないプランでしたが、いまの契約はアドバンスモードで利用している場合に限り月間制限を課さない仕組みになっています。アドバンスモードで利用している電波はAXGPといわれる、電波1種類しかつかえません。そのため、305ZTの利点であったソフトバンク回線LTEが利用できないので、エリアが広い利点がなくなってしまいました。

さらに3日1GBは継続しています。3日1GBには厳しい制限がかかります。

現在の契約は3年縛りになり、さらに月額も4000円台となっています。WiMAXのようにキャッシュバックプランも無いためにこの料金がそのまま適用されるので非常に高額な契約となります。

正直、現在の305ZTの契約はまったくオススメできません。WiMAX2+のエリアで利用できのであればWiMAXの利用をオススメします。

WiMAXキャンペーン人気ランキング

biglobe

ビッグローブ

ポイントバックで月額最安が人気の理由。ダントツで売れてます

詳細はこちら

とくとくbb

GMOとくとくBB

高額なキャッシュバックが魅力トータル料金を安くしたいならココ!

詳細はこちら

so-net

So-net

biglobeよりもキャッシュバック額はわずかに高額ながら受け取りまでの期間がネック

詳細はこちら