WiMAX比較ネット - 人気プロバイダをランキングで紹介

wimaxギガ放題と通常プランの違いを検証

ギガ放題プランと通常プランを比較する

WiMAX2+の料金プランは「UQ Flatツープラスギガ放題プラン」と「UQ Flatツープラスプラン」の2つ料金プランがあります。実際には別の料金プランもあるんですが、キャンペーンが適用されるプランが基本この2つのプランなので、この2つのプランだけ説明します。

それぞれのプランを比較して、自分の使用用途にあったプランを契約するといいでしょう。

UQ Flatツープラスギガ放題プランとは

ギガ放題プランは、ハイスピードモードのWiMAX2+の通信には月間制限をかけないというもの。

ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信において、月間のデータ通信量による速度制限はありません。 ただし、LTEオプション対応機種にて、「ハイスピードプラスエリアモード」での「WiMAX 2+」および「au 4G LTE」の当月の通信量の合計が7GB以上となった場合、当月末までの「WiMAX 2+」および「au 4G LTE」の通信速度が送受信最大128kbpsとなります。なお、この制限が適用された後は「ハイスピードモード」の「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを月間7GB以上利用した場合には、WiMAX2+通信すべて制限の対象になるので注意。

例えば、au 4G LTE回線で7GB通信をして、その後ハイスピードモードにモードを変更したとしても、ハイスピードプラスエリアモードで制限がかかるとハイスピードモードのWiMAX2+も制限の対象になってしまう。

料金は契約から2年間4,380円/月で利用できる。契約最初の最長3ヶ月は3,696円/月で利用できる。

ギガ放題プランは3日3gb制限の対象

ギガ放題プランは3日3GB制限の対象外だと思っているかたもいるようですが、ギガ放題プランも「3日3GB制限」の対象です。3日3GB制限の実測値などはこちらの記事でまとめています。

UQ Flatツープラス通常プランとは

UQ Flatツープラス(通常プラン)は月間の通信量制限が有るプランで月に利用できるの通信量は7GBとなります。これを超えると月末まで速度制限の対象となります。wimax2+とau 4G LTE合算して7GBを超えると制限が開始されるます。

i当月の「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が7GBを超えた場合に、当月末までの「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を送受信最大128kbpsに制限します(通信速度の制限は、翌月1日に順次解除されます)。

料金は、2年契約で3,696円/月です。

ギガ放題プランと通常プランの比較表とまとめ

項目 ギガ放題 通常
WiMAX2+制限 なし 合算して7GB
LTE制限 7GB
WiMAX制限 なし なし
料金 4,380円 3,696円

ギガ放題は月間の制限がない分、月額が684円高くなる。それでも月7GB程度を利用したくてWiMAXのモバイルルーターを契約する人もいないと思うので基本は「ギガ放題プラン」を選べば間違いないと思います。

ギガ放題から通常プランのプラン変更は危険すぎ

WiMAX2+の料金プランがギガ放題と通常プランの2つになりました。この2つのプランは月単位で行き来できるようになっています。料金は無料で、何度でもできます。ですから、あまり使わない月は7GBプランで月684円安く運用して、翌月は再びギガ放題プランへ戻すこともできます。

使い方によっては便利かもしれませんが、オススメしません。なぜなら、とんだ落とし穴があるからです。

WiMAXキャンペーン人気ランキング

biglobe

ビッグローブ

ポイントバックで月額最安が人気の理由。ダントツで売れてます

詳細はこちら

とくとくbb

GMOとくとくBB

高額なキャッシュバックが魅力トータル料金を安くしたいならココ!

詳細はこちら

so-net

So-net

biglobeよりもキャッシュバック額はわずかに高額ながら受け取りまでの期間がネック

詳細はこちら