WiMAX比較ネット - 人気プロバイダをランキングで紹介

wimaxの初期費用はいくら?キャンペーンを有効活用すれば初月料金が変わる

WiMAXはキャンペーンを活用すれば初期費用も安く抑えられる

更新

wimax2+の契約を考える時に気になるのが初期費用。契約時にかかる料金はいくらなのか?また、どうすれば初期費用をできるだけ少なく抑えることができるでしょうか。

最初にwimaxの契約初月に必要となる料金について説明します。

wimaxの契約をすると、事務手数料、wimaxルーターの端末代金(送料)と初月利用料金が必要になります。初月をすぎると、あとは月額料金を支払うだけです。

UQコミュニケーションズで最新端末のwx02を契約した場合には以下の料金となります。wimax2+ UQ Flat ツープラスギガ放題プランを契約した場合。

  • 事務手数料:3,000円
  • ルーター端末代金: 2,800円(クレードル無し)
  • 月額料金:3,696円(日割り)

最大合計9,696円。初月は負担が大きくなるのが分かります。

しかし、プロバイダのキャンペーンを利用することでこの初期費用の負担を減らすことが出来ます。キャンペーンを活用すると。

  • 事務手数料:3,000円
  • ルーター端末代金: 0円
  • 月額料金: 初月無料

このようにキャンペーンを利用すると「ルーターの代金」「初月料金」が無料になります。ですから1ヶ月目の料金は契約事務手数料の3,000円のみです。6,696円も違います。

もし初月料金を節約したいのであれば、プロバイダーのキャンペーンで申し込むようにしましょう。

特に人気の高い、ビッグローブ、gmoとくとくbb、so-netは端末代金も初月も無料になっているのでオススメです。

WiMAXのプロバイダ人気ランキングを知りたければwimax 比較TOPへ

WiMAXキャンペーン人気ランキング

biglobe

ビッグローブ

ポイントバックで月額最安が人気の理由。ダントツで売れてます

詳細はこちら

とくとくbb

GMOとくとくBB

高額なキャッシュバックが魅力トータル料金を安くしたいならココ!

詳細はこちら

so-net

So-net

biglobeよりもキャッシュバック額はわずかに高額ながら受け取りまでの期間がネック

詳細はこちら