WiMAX比較ネット - 人気プロバイダをランキングで紹介

ノートパソコンのインターネット契約ならWiMAXが一番

ノートパソコンのネット契約なら

ノートパソコンのインターネット契約はどこにするのが、ベストでしょうか。

パソコンを購入したあとに検討するのは、インターネット契約をどうするのか?です。選択肢は「固定回線」をひくのか「モバイルルーター」をもつのか。この2つに分けられます。

ノートパソコンの利用目的にもよりますが、この固定回線とモバイルルーターのメリット・デメリットを比較して利用目的に合わせた契約をする必要があります。

固定回線のメリット・デメリット

固定回線のメリット

固定回線のメリットは2つあります。第一に回線が安定していること。第二に通信制限が無い(正確にはほとんどない。)ことでしょう。

通信回線が安定しているのは有線で自宅まで引き込むので、圏外にはならない点です。スマホなどを使っていると分かると思いますが、家のどこで利用するかによって電波の強度が変わります。固定回線をひくと、あとは室内の配線や無線LANを利用するにしても親機を置く場所を調整することによって、電波強度は調整できます。

通信制限が無いのも固定回線ならではです。実際には1日30GB以上の通信を行うと速度制限をかけるなどの条件がありますが、1日30GBなどほとんどの方が利用することはないはずです。

Youtubeやニコニコ動画なども通信量を気にせずに見ることができますし、映画やドラマなどを配信しているhuluやnetflix、dtvなども時間の許す限りみることが可能になります。

一方でデメリットもあります。

固定回線のデメリット

デメリットの説明をします。

1.回線工事の必要がある。

回線工事が必要です。すでに回線が部屋まで来ている状態なら問題ないのですが、そうでない場合は引き込み工事や屋内の配線工事まで必要になるケースもあります。さらに工事までに2週間程度は待つ必要があるために、せっかくノートパソコンを購入してもすぐにインターネット接続ができません。また工事も立会が必要になるものもあり、回線が開通するまでに手間がかかります。

2.回線の引き回しが面倒

室内に配線の引き回しが面倒です。ルーターから先は自分で配線を引くかwifi接続する必要があります。慣れていないと面倒です。

3.料金が比較して高い

モバイルルーターの料金はのちほど書きますが、光回線のほうが基本的に高額です。マンションタイプで安いものでも5,000円弱程度が必要になるのにたいして、モバイルルーターは3,000円弱程度の料金で利用できます。

4.外では使えない

ノートパソコンを購入したのに、外で利用することはできません。

モバイルルーターのメリットとデメリット

モバイルルーターにもメリットデメリットがあります。

まずはデメリットを説明します。モバイルルーターには月の利用制限があります。これはスマホの月額制限と同じです。月に何GB利用したら月末まで速度が規制されます。

ドコモやワイモバイルで契約すると確かに月の制限がありますが、WiMAXでギガ放題プランを契約すると月の制限はありません。ただし3日制限はあります。

モバイルルーターはiPhoneなどと同じように電波を通信します。各契約会社のエリア内でないと使用できません。

モバイルルーターのメリット

外でインターネット接続

エリア内であれば、ノートパソコンを屋外に持ちだして自分の好きな場所でインターネット接続できます。そもそも持ち運びで利用するためにノートパソコンを購入する方も多いはずです。モバイルルーターならノートパソコンを外でインターネットにつなげます。

料金が安い

モバイルルーターはキャッシュバックの特典などを利用できます。キャシュバックキャンペーンを利用することで実質月額2,000円台で利用することができます。

目的に応じた使い分け

ノートパソコンのインターネット契約するなら「外で使うのか」「自宅だけなのか」が重要な別れめになります。自宅でしか利用する予定がないなら、多少高くても固定回線でフレッツ光などを引くのがいいでしょう。

ノートパソコンを外でも使うなら、家でも外でもインターネット接続できるモバイルルーターの契約をおすすめします。

WiMAXキャンペーン人気ランキング

biglobe

ビッグローブ

ポイントバックで月額最安が人気の理由。ダントツで売れてます

詳細はこちら

とくとくbb

GMOとくとくBB

高額なキャッシュバックが魅力トータル料金を安くしたいならココ!

詳細はこちら

so-net

So-net

biglobeよりもキャッシュバック額はわずかに高額ながら受け取りまでの期間がネック

詳細はこちら